借金の利息について

出資法とは?


スポンサーリンク



出資法とは?


出資法とは、消費者金融などの貸金業者がお金を貸す時の金利の上限を定めた法律の事になります。
出資法での年間の上限金利は、29.2%になっています。



出資法以外の貸金業者がお金を貸し出す時の上限の金利を定めた法律に、「利息制限法」という
法律があります。
利息制限法上限金利は、下記のようになっています。

10万円未満年20%
10万円以上 〜 100万円未満年18%
100万円以上年15%


クレジットカードや消費者金融などの貸金業者がお金を貸し出す場合の金利の上限を定める法律には、
このような

 ・出資法
 ・利息制限法

の2つの法律があります。


貸金業者が本来、適応するべき金利の上限は、利息制限法で定めている金利です。
もしも、出資法で定められている上限金利を貸金業者が利用する為には、
利息制限法の例外規定の「みなし弁済」に該当する必要があります。



このような、利息制限法の例外規定である「みなし弁済」の適応を利用する為には、厳密な規定を
守る必要があるので、ほとんどのクレジット会社や消費者金融などの貸金業者では、出資法のの
上限金利を適応する事ができるのは難しいのが現実です。
しかし、現実には、出資法の上限金利までの金利を適応しているところが多いです。


この為、出資法は、色々な条件をクリアした場合の最大での上限金利と言う事になります。
もしも、出資法の金利の上限を超えた金利で、お金の貸し付けを行い、取り立てを行なった
場合には、厳しい罰則が用意されています。



出資法に違反した場合には、刑事罰になります。
刑事罰の内容は、懲役5年以下、または罰金1,000万円以下(併科あり)です。


これは、出資法の上限金利を超えて貸付を行なっている場合に
取り立てを行なっただけでも、刑事罰を受けることになりますので、
かなり厳しい罰則であると言えると思います。
この為、貸金業者は、出資法を守っていると言えると思います。




スポンサーリンク


2007年06月25日 01:46