借金に関する法律の種類

借金に関する法律の種類(貸金業者を規制する法律)


スポンサーリンク



借金に関する法律の種類(貸金業者を規制する法律)


ここでは、借金に関する法律の続きの内容である、「貸金業者を規制する法律」
について見て行きたいと思います。




貸金業者を規制する法律


貸金業者を規制する法律には、

 ・貸金業規正法
 ・割賦販売法
 ・民法
 ・刑法

などがあります。


では、ここからは、実際に、割賦販売法貸金業規正法民法刑法
について、どのような内容であるかを見て行きたいと思います。




【貸金業規制法とは?】


貸金業規制法は、貸金業者のなかでも、サラ金業者についての悪質な
取り立てなどを行なった場合の罰則などが記載されています。




【割賦販売法とは?】


貸金業規制法は、サラ金業者についての悪質な取り立てなどを行なった
場合の罰則などが記載されていましたが、割賦販売法は、クレジット会社に
対しての規制をしている法律です。


このように、貸金業者を規制する法律には、貸金業規正法割賦販売法のように、
サラ金業者とクレジット会社のように業種によって規制する法律が別になっています。




【借金に関する民法とは?】


民法では、損害をこうむった場合に、損害賠償請求などを行なう時に
利用される事があります。




【借金に関する刑法とは?】


また、刑法については、貸金業者などの特にひどい取り立てを行なった
場合などには、脅迫罪が適応される場合があります。また、人を騙すような事に
関しては、詐欺罪の適応がある場合があります。




このように、借金に関する法律には、借金整理の仕方や貸金業者の業種、金利などと
色々と分かれた形式で、色々な法律が用意され利用されるようになっています。





スポンサーリンク


2007年06月25日 01:44