借金に関する法律の種類

借金に関する法律の種類(金利に関する法律)


スポンサーリンク



借金に関する法律の種類(金利に関する法律)


借金に関する法律には、色々な法律があります。
これは、実際に法律で、どのような場合に、どのような法律で規制をかけるかが
違っている為です。
このように、借金にまつわる法律には、色々な種類の法律に分かれているのが現状です。



実際に、どのように借金に関する法律が分かれているかと言いますと、

 ・金利に関する法律
 ・借金の整理などを行なう法律
 ・貸金業者を規制する法律

などに分類する事ができます。


ここでは、「金利に関する法律」について見て行きたいと思います。




金利に関する法律


金利に関する法律には、
 ・利息制限法
 ・出資法
があります。


利息制限法も、出資法も共に、貸金業者がお金を貸し出す時の
年間の金利の上限を決めている法律になります。


利息制限法は、罰則がありませんが、出資法よりも低い上限金利が設定されています。
出資法は、利息制限法よりも高い上限金利が設定されていますが、この出資法に
違反した高利な金利で貸し出しを行なった場合には、刑事罰までがある厳しい
罰則を持っています。
*出資法については、2009年度中に廃止になる見込みです。




次のページでは、「借金の整理などを行なう法律」について見て行きたいと思います。



スポンサーリンク


2007年06月25日 01:42