借金整理の基礎知識

借金整理の相談を行なう時の注意点


スポンサーリンク



借金整理の相談を行なう時の注意点


借金の返済に困って、なんとか良い方法が無いかと、借金の整理を考えて、
弁護士や司法書士などの専門家に相談を行なう場合には、注意しておく点があります。


これは、弁護士や司法書士に相談を行なう場合には、
借金現状

 ・借金件数
 ・借金額
 ・自分の収入
 ・毎月の返済可能な金額

を正直に弁護士や司法書士などに伝えることが必要になります。


かなり、当たり前のことですが、
借金の整理を考えている人の中には、弁護士や司法書士などに相談を行なう時に
自分の毎月の収入額や、実際に毎月の返済可能である金額を実際よりも多めに言う
人が居るようです。




このように、弁護士や司法書士の専門家に相談を行なう時に、実際よりも多い収入額や
収入のうち、返済に回す事が可能である金額を多めに言ってしまうと、借金の整理が
出来た後に、実際に借金の返済を開始した時に、すぐに、返済計画が立ち行かなくなります。


これは、弁護士や司法書士の専門家は、相談相手である、あなたが伝えた情報を元に
借金の返済計画を立てて、借金整理を行なう為に起こることです。
せっかく、弁護士や司法書士の専門家が貸金業者などと交渉して、貸金業者などに
承諾を貰えた返済計画ですので、すぐに立ち行かなくなる返済計画が作成されないように
現状を正確に伝えるようにしましょう。




正確に現状を弁護士や司法書士などの専門家に伝えないと、せっかくの相談内容が
無駄になる可能性もでてきます。
とりあえず、貸金業者などの取り立てが止めば良いと、軽い気持ちでいると、
後々、借金の返済計画が滞った時にさらに厳しい取立てを受けることになる
かもしれませんので注意しましょう。


弁護士などの専門家に相談する場合には、基本的に守秘義務というものがあります。
守秘義務とは、弁護士や司法書士などの専門家は、相談者の相談内容を外部に
漏らしてはいけないという義務の事です。
借金整理の相談を行なう場合には、この守秘義務がありますので、
相談内容が外部に漏れる事はありませんので、安心して言いと思います。




スポンサーリンク


2007年08月20日 01:41