借金整理の基礎知識

借金整理の方法の色々


スポンサーリンク



借金整理の方法の色々について


借金整理をする方法には、色々な方法があります。
実際には、

 ・任意整理
 ・特定調停
 ・個人の民事再生
 ・自己破産

などの方法で、借金の整理を行なう方法があります。


ここでは、この4つの借金整理をする方法が
どのような借金整理かを見ていきたいと思います。




任意整理とは?


任意整理とは、借金をしている人である債務者が自分で、又は、
弁護士や司法書士の専門家を通じて、貸金業者などの債権者と直接
借金整理を行なう方法です。

任意整理と他の借金の整理方法である、特定調停個人の民事再生自己破産
との一番の違いは、借金整理の話し合いの間に裁判所が入らない点です。

任意整理の場合には、裁判所が間に入らないので、
一番、借金整理に取り掛かるのが楽に行なう事ができます。


実際に、任意整理で、借金の整理を行なう場合には、他の返済方法でも
利用する方法でもありますが、利息制限法の上限の金利にしたがって、
本来の法的な上限金利で、借金の利息の再計算を行ないます。

貸金業者から借金をしている場合には、実際には、貸してはいけない金利で
貸し出しを行なっている場合が多いので、多くの場合、借金の金額が減ることになります。



例えば、借金している金額が200万円程度の人の場合には、
任意整理を検討していても良いと思います。
任意整理を行なう場合には、複数の債権者との交渉が必要になります。
任意整理の交渉を行なうのは、かなりの負担な作業になりますので、
一般的に、弁護士に依頼する事が多いです。




特定調停とは?


特定調停とは、債権者と債務者の間に、裁判所が入って返済計画を立てる方法です。
内容的には、任意整理と同じような感じですが、裁判所が間に入る点が任意整理
特定調停の違いになります。



実際に、特定調停を行なう場合とは、任意整理が困難であるような場合に利用します。
任意整理が困難な場合とは、貸金業者などの債権者が、借金の整理の
話し合いにのってくれない場合です。



また、特定調停は、あまりにも返済する借金の金額が多い場合やあまりにも
多くの貸金業者などの債権者からお金を借りている場合には適していません。
これは、あまりにも借金の返済額が多い場合には、貸金業者などの債権者との話し合いが
上手く行かない場合があるからです。

特定調停を利用する場合には、借金の返済額があまり多くない場合に
今後の返済計画を話し合うように、利用すると良いでしょう。
なお、特定調停が開始されると、債権者からの取り立ては止まります。




個人の民事再生とは?


個人の民事再生とは、どのようにしても、借金の返済が
不可能になりそうな人を救う為の方法です。
個人の民事再生の申し立てを裁判所に行なう事で、
裁判所が債権者を一括して取りまとめてくれます。



この為、債権者が個別に、債務者に対して、借金の返済を行なう事が出来なくなります。
実際の借金の返済方法は、自分で、借金の返済計画である、再生計画を提出し、裁判所や債権者の
了解を得て、借金の返済を行なう事になります。



個人の民事再生には、いくつかの種類がありますので、個人の民事再生の種類によっては、
債権者から返済計画の了解をもらう必要もなくなります。
また、個人の民事再生の特徴として、家や土地を所有している人の場合には、
家や住宅を維持したままで、借金の整理を行なう事が可能である点です。




自己破産とは?


自己破産とは、どのようにしても、借金の返済の支払いが行なえなくなった人が対象です。
自己破産を行なうと、借金の返済が免除されますが、家や土地などの財産を持っている
場合には、取り上げられる事になります。
自己破産は、借金を清算して、いちから出直す方法と言う事ができます。




スポンサーリンク


2007年06月25日 01:40