利息の参考情報

グレーゾーン金利から見た「みなし弁済」


スポンサーリンク



グレーゾーン金利から見た「みなし弁済」


ここでは、グレーゾーン金利の原因となっている「みなし弁済」について
見て行きたいと思います。



「みなし弁済」では、利息制限法の上限の金利を超えて、貸金業者とお金を借りる人の間で、
金利を取り決め、お金を借りた人が自由意志で、利息制限法の上限を越えた部分の金利を
自由に支払った場合には、例外規定として認められています。
(ただし、出資法の上限金利である29.2%を超えることはできません)



このような利息制限法「みなし弁済」という例外規定がある為に、
消費者金融、サラ金業者などの貸金業者などは、29.2%の高い金利でお金を貸していると言う
貸金業者もあります。


しかし、貸金業者が「みなし弁済」を利用して、お金を貸し出す場合には、
かなり厳密な条件を定めているので、一般的な消費者金融などの貸金業者では、
ほとんどの場合、この「みなし弁済」の例外規定を利用する事ができません。
この為、罰則が無いだけで、実際には、違法な事をしている貸金業者が多いようです。



このグレーゾーン金利については、色々と問題になっており、
出資法は、2009年度中に廃止の見通しになっていますので、
2009年度の出資法の廃止以降は、グレーゾーン金利の問題は無くなると思います。





スポンサーリンク


2007年11月26日 01:51