「あ行」の用語集

「一括弁済(いっかつべんさい)」の用語解説


スポンサーリンク



ここでは、「一括弁済(いっかつべんさい)」の用語の解説を行なっています。「一括弁済」についての意味を知りたい場合には参考にして貰えればと思います。



一括弁済(いっかつべんさい)とは?

一括弁済(いっかつべんさい)とは、一括返済とも同じ意味合いになります。この一括弁済(一括返済)は、住宅ローンの債権やサラ金、信販などのように借金をした場合に、借金をひとまとめにして返済する方法の事になります。

借金をしてお金を借りた場合、例えば、住宅ローンの返済を行う時に、もしも、返済が滞って、滞納を繰り返す場合には、お金を借りている借主側の契約違反と言う事になり、分割し返済する権利を失うことになります。この分割して支払う権利を期限の利益とも言います。つまり、期限の利益の喪失と言う事になります。

このように住宅ローンなどの返済が滞ることによって、分割返済を行なう権利を失った場合には、残っているローン、借金の返済をまとめて、全額を返済する事になります。通常、このようにいきなり全額の返済を行なうというのは非常に返済が困難になります。

このように一括弁済(一括返済)を行なうのが困難な場合には、この一括弁済(一括返済)を回避する必要があります。この為には、期限の利益回復型のスケジュールなどと言ったような交渉を銀行と行なって返済が出来るようにする必要があります。


スポンサーリンク


2013年01月24日 22:48