任意整理の基礎

任意整理のメリット


スポンサーリンク



任意整理のメリットについて


任意整理は、最も多く利用される事が多い借金の整理法と言って良いと思います。
ここでは、借金の整理を行ないたいと思った時に任意整理を利用した場合のメリットについて
見ていきたいと思います。



借金の任意整理を行なった場合のメリットは、

 ・借金の散りたてが止まる
 ・返済する金額が減る場合がある
 ・払い過ぎたお金が返ってくる場合がある
 ・裁判所が介入しないので行ない易い
 ・指定した業者とだけ交渉ができる
 ・再就職や転職の妨げにならない

のような内容がメリットと言えるのではないでしょうか。




借金の散りたてが止まる


まず、任意整理を行なう場合には、個人で行なう事も行なおうと思えば不可能ではありませんが、
実際には、かなり厳しいのが現状です。


この為、一般的には、弁護士や司法書士のような専門家に依頼する事になります。
このように、任意整理のような借金の債権整理に弁護士や司法書士が介入した場合には、
貸金業者に対して、「受任通知」を行う事で、貸金業者から借金をしている本人へ、
直接の借金の返済の請求行為は禁止されている為に、貸金業者からの取り立てが止まります。




返済する金額が減る場合がある


一般的に、貸金業者が貸付を行なう時の金利は、出資法で規定している上限金利である
29.2%以内にしている事が多いです。しかし、ほとんどの貸金業者の場合には、
利息制限法で規定している上限金利である15%〜20%の金利で貸付を行なわないと
本来は、利息制限法の違反になります。

この為、利息制限法の上限金利で利息を引きなおして、再計算をする事で、
返済すべき利息が少なくなる事が多いです。
この為、借金の元利合計の総返済額が減ることが多いです。




払い過ぎたお金が返ってくる場合がある


上記の「返済する金額が減る場合がある」と同じ理由で、利息制限法の上限金利で
利息の引き直しを行なった場合に、借金の利息が減った場合に、今までに貸金業者に
返済してきた金額が多すぎた場合があります。

このような場合には、貸金業者から今までに借金の返済として支払った金額が
多すぎた場合には、払い過ぎた部分の金額を返還請求を行なう事で、取り返すことが
できる場合があります。




裁判所が介入しないので行ない易い


借金の任意整理は、あくまでも、私的な示談交渉になりますので、
自己破産や個人民事再生のように裁判所が入って来ないので、
住民票、戸籍謄本、給料明細などの提出が必要ありません。

この為、住民票や戸籍謄本を集める必要が無いので、行ない易くなります。




指定した業者とだけ交渉ができる


もしも、現在、借りている借金の一部に保証人が付いている場合に、
自己破産や個人民事再生を行なうと、保証人に迷惑をかける可能性があります。

このような場合でも、借金の任意整理を行なう場合には、交渉する業者を選んで行なう
事もできますので、保証人が付いている借金をしている貸金業者を外して、交渉を行なう
事が可能になります。




再就職や転職の妨げにならない


自己破産をした場合には、今後、生命保険会社などの一定の職につきたいと思った場合に、
自己破産をしていた事が理由で、断られる事があります。
しかし、任意整理は、私的な示談交渉ですので、このような制限を受けることはありません。




スポンサーリンク


2007年06月25日 01:30