任意整理の基礎

任意整理とは?


スポンサーリンク



任意整理とは?


任意整理とは、裁判所を使わずに、返済方法を債権者である貸金業者との話し合いを行い、
返済計画を立てて実行する方法です。
借金の任意整理は、裁判所が間に入らないので、私的な示談交渉であると言って良いと思います。



任意整理を行なう場合には、弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的です。
というのも、あなた自身が、個人で任意整理をしようと債権者である借金の貸主に
個人的に交渉をしたとしても相手にされない事が多い為です。


借金の任意整理を行なう場合には、一般的には、

・金利を下げてもらえるように交渉する
・払いすぎた金利を返還してもらえるように交渉する
・借金の返済を一部免除してもらえないか交渉する

などを行い、借金の整理をする方法です。



このような方法で、弁護士や司法書士を使って、また、弁護士や司法書士と相談して、
現実的にどのようにすれば、借金の返済が可能であるかを検討して、返済計画を立案して、
弁護士や司法書士に貸金業者と交渉してもらいます。



弁護士や司法書士に相談して、任意整理を行なう場合には、直接、貸金業者との
交渉を行なう必要がなくなり、また、借金の返済請求などの取り立ても
直接、受けることが無くなります。



このように、任意整理では、弁護士や司法書士と相談して、返済計画を立案して、
この返済計画が貸金業者の合意を得れた場合には、以後、再度、貸金業者に
合意が得れた返済計画に則って、返済を行なって行く事になります。



このような方法で、借金の返済を計画、交渉していくのが、借金の任意整理になります。




スポンサーリンク


2007年06月25日 01:28