Q&A

Q1:整理をする事で「ブラックリスト」に載ってしまいますか?


スポンサーリンク


Q&A1 : 任意整理をする事で「ブラックリスト」に載ってしまいますか?


任意整理を行なう事によって、一般的に言われている「ブラックリスト」に登録されることになります。
この為、新しくクレジットカードを作ったり、キャッシングを受ける事は、任意整理を行なってから5年〜7年程度は難しくなります。

これは、信用情報機関によって、あなたが借金の任意整理を行なったという事を登録されます。この信用機関に登録されると言うのを通常、「ブラックリスト」に載ると言われています。


借金などの借り入れを行なう場合には、金融機関は、その顧客がどれくらいの返済能力がある人か、また、どれくらい信用する事が出来る人であるかという事を審査してから融資を行なう事になります。

この時に金融機関が審査するときに利用するのが、各金融業者が加盟している信用情報機関によって管理されているリストになります。これが、通称、ブラックリストと言われています。

信用情報機関(ブラックリスト)とは?

任意整理を行なった場合には5年〜7年、新しくカードを作る事が出来なくなるというように、5年から7年と言ったように期間の違いがあるのは、この信用情報機関の種類によって、登録されている期間に違いがあるからです。

ちなみに、この信用情報機関は、銀行系、信販会社系、消費者金融系、外資系と言ったように、金融機関の種類によって、違うシステムにて管理されています。

任意整理などを行なった場合には、事故情報という事で、信用情報機関に登録される事によって、それぞれの会社が融資を行うかの審査時にチェックできるようになっています。

ちなみに、具体的な信用情報機関とは、
 ・全国銀行個人信用情報センター (JBA)
 ・全国信用情報センター連合会(FCBJ)
 ・株式会社シーシービー (CCB)
 ・株式会社シー・アイ・シー (CIC)
 ・株式会社テラネット
のような所になっています。

信用情報機関(ブラックリスト)に掲載される期間

このような、信用情報機関には、任意整理や個人民事再生、自己破産、和解などを行なうと載ることになります、ブラックリストに名前が載った場合には、クレジットカードの使用や作成、ローン、キャッシングなどを組めなくなります。

しかし、ブラックリストには、一生涯、登録されていると言う訳ではありません。

実際には、上記でも紹介している各信用情報機関によっても違いがありますが、5年〜7年間が経過すると、データが削除されるようです。



スポンサーリンク


2009年09月19日 03:31