貸金業者に関する法律

貸金業規正法とは


スポンサーリンク



貸金業規正法とは


ここでは、貸金業者の取り立てや契約などについての法的な取り決めがされてる
法律である貸金業規正法について見て行きたいと思います。


貸金業規正法とは、貸金業を営むものが守って、営業を行なう必要がある法律です。
もしも、貸金業者が、この貸金業規正法に違反した場合には、厳しい罰則があります。
罰則の内容は、罰金や刑罰・業務停止などの処分を貸金業者が受ける事になります。




この貸金業規制法の法律の内容は、基本的に、お金を借りる人である、
利用者である債務者を守る為の法律であると言って良いと思います。


もしも、貸金業規制法が、無かった場合には、貸金業者が好き勝手に
できるようになるので、かなりの高額な利息を請求されたり、非常に厳しい取り立てを行なわれたりと
お金を借りた人を守る事ができなくなります。
このような事にならない為に、貸金業規制法があるのです。




貸金業規正法の内容



貸金業規制法の内容は、細かく記載されていて、貸金業者が
お金を貸すときから完済後までを網羅しています。


もちろん、お金を借りる側の人である債務者が気になる

 ・契約に関すること
 ・取立てに関すること
 ・連絡に対して

についても貸金業規制法に記載され、規定されてます。




貸金業規制法では、立場の弱い、お金を借りている人を守るために、
取り立てに関しては、非常に細かく規定しています。


例えば、

 ・法的に借金の返済の支払請求をしたり、取り立ての強力を得る事の禁止
 ・取り立てなどで、訪問する場合には、朝8時以降、夜9時まで
 ・原則として、勤務先への督促の禁止
 ・多くの人数での訪問の禁止
 ・冠婚葬祭などの時の訪問、連絡については、事実を知った時点で中止

などのように、特に、取り立てに関しては、細かく記述されており、
また、違反した場合の処罰についても厳しくなっており、貸金業者が違反した場合には、
罰金や刑罰・業務停止などの処分を受ける事になります。



スポンサーリンク


2008年04月28日 04:51