借金整理の注意点

弁護士や司法書士でも、信用が出来ない人も居ます


スポンサーリンク



弁護士や司法書士でも、信用が出来ない人も居ます


借金の整理をしたいと思っている時に、「借金の整理を行ないましょうか?」などと
言って近寄ってくる業者の場合には、悪質な業者である場合がありますので、
注意が必要です。


これは、整理屋と言って、借金の整理を請け負ったが、実際には、
何もしない悪質な業者である可能性がありますので、手数料のみを取られて、
実際には、何も借金整理を行なっていない可能性があるので、注意が必要です。




この為、一般的に、借金の整理を行なう場合には、借金整理について慣れている、
弁護士や司法書士などの専門家に依頼することになります。
しかし、一部の弁護や司法書士などでは、悪質な業者とグルになっている場合があります。


これは、弁護士や司法書士などの専門家が悪徳業者から高額な報酬を得る代わりに、
弁護士や司法書士の名義を貸したり、事務所を自由に使わせているという事があります。
このような悪徳業者とグルになっている弁護士の事を「非弁提携弁護士」と言います。



このような「非弁提携弁護士」に引っかからないのも重要な事になります。
では、実際に、「非弁提携弁護士」に騙されない為には、どのようにすれば良いのでしょうか。
ここでは、「非弁提携弁護士」とは、どのような場合が、「非弁提携弁護士」である
可能性があるのかを紹介しておきたいと思います。


「非弁提携弁護士」である可能性がある場合とは、貸金業者から弁護士の紹介をすると
言われたのに借金の整理を行なうのに、事務員が全てをやっている場合や弁護士に実際に
合う事が無い場合などには、もしかしたら、「非弁提携弁護士」である可能性が高いです。




世の中には、このような弁護士もいますので、注意が必要です。
一般的な弁護士や司法書士の専門家に借金の整理を依頼した場合には、借金の任意整理の場合には、
ひとつの業者との交渉に取り掛かるのに着手金が2万円が相場のようです。
もしも、交渉が上手く行った場合には、報酬金として、さらに着手金と同じ金額や借金が減った場合には、
減った額の1割などが弁護士や司法書士に、成功報酬として支払う事になります。


このように、借金の整理をする為に、弁護士や司法書士を紹介された場合には、
弁護士や司法書士に支払う費用を聞いて、相場と比較して高いかどうかを確認しておくのも
「非弁提携弁護士」に引っかからないひとつの方法ではないでしょうか。



このような事にならない為に、実際に、借金整理の依頼をする前に、費用については、
しっかりと確認しておくようにしましょう。
もしも、「非弁提携弁護士」に騙されたと思った場合には、弁護士会などに相談する
事をオススメします。




スポンサーリンク


2008年03月25日 01:48